gacco日記

オンライン公開講座・ドコモgaccoでeラーニングを楽しむ日々のブログ

東北大学「memento mori-死を想え-」が三度目の開講

東北大学・鈴木岩弓先生の「memento mori-死を想え-」が、また開講されている。

lms.gacco.org

最初に始まったのが2017年の3月で、次は11月に2回目があり、今回は三回目だ。

すばらしい講座だったので、一応、登録して講義を覗いてはみたけれど、さすがにもう、じっくりと聞いてみようという気持ちにはならなかった。

 

以前のこの講座は、鈴木先生がご自分でレポートの採点をしてくださった。

先生ご本人にレポートを読んでもらえて、コメントまでいただけるとは、とても貴重なことでありがたかった。

先生は、満点はつけない方針だということで、1点減点されていたりした。

でも、今回の講座は相互採点になっているようだった。

この講座のレポートの相互採点というのも、興味深い気がするのだけれど、何度も同じようなレポートを書くことになってしまいそうで、どうしようかと思っている。

  

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ

にほんブログ村

「知識ゼロから始めるデジタルサイネージ入門」の修了証を受け取った

ずいぶん長い間、ブログに書くことがなかった。

gaccoは次々と新しい講座を開講してくれているのだけれど、どれも私が受講できそうなものではない。

特に、IT関連が多い。

開講するジャンルが偏らないように配慮してもらえると助かるのだけれど。

 

さて、「知識ゼロから始めるデジタルサイネージ入門」は、7月の豪雨を受けて開講期間が延長されたので、修了証の発行が今日になった。

大きな災害に際して、そういう配慮がされたのはいいことだと思う。

勉強したのは6月なので、なんだかもう遠い出来事のように感じられるけれど。

中村伊知哉先生のサインの入った修了証は、涼しげな色合いで素敵なデザインだった。

 

それにしても、gaccoで勉強するという習慣も危うくなってしまった今日この頃。

これからまた、興味をひかれるような講座が始まって、わくわくしながらgaccoに帰れる日が来るのだろうか。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ

にほんブログ村

東北大学「男と女の文化史」の修了証をもらった

 東北大学「男と女の文化史」の修了証が発行されたのでダウンロードした。

以前の「memento mori-死を想え-」でもそうだったけれど、東北大学の修了証には、講師の先生たちだけではなく総長のサインが入っている。

大学全体で責任を持とうという姿勢が伺えて、ありがたいなと思う。

 成績は96%で、一問は本当に理解不十分で間違えたのと、もう一問は誤って解答操作してしまったための減点だった。

解答のチャンスが一回しかないので、こういう、提出ミスをしてしまった時にはどうしようもない。

 「memento mori-死を想え-」はすでに2回開講され、さらに、10月には三回目の開講が予告されている。

「男と女の文化史」も、おそらく好評だったと思うので、再開講があるのではないかなと期待している。

 にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
にほんブログ村